泉大津病院通信
泉大津内科/あいの泉クリニック

放っていては絶対に良くはならない/骨粗しょう症・骨折・骨々貯筋のお話

あいの泉クリニックではリハビリを行っています。
病院のリハビリと聞くと機能回復訓練を思い浮かべる方が多いと思いますが、機能回復訓練だけでなく消炎鎮痛の
マッサージや温熱療法、電気療法、希望される方には筋力強化のトレーニングなども指導させていただいています。

一番の特徴は「今よりも良くなること」にできる限り取り組んでいるリハビリです。

今までなかなか筋肉トレーニングができない内科疾患をお持ちのかたも安心して筋トレをすることができます。
何歳になってもどんな疾患をお持ちでも筋取トレをした努力が実らないことがないのが筋トレです!

2030年問題をご存知でしょうか。
2030年問題とは、2030年を迎える頃に表面化するいろいろな問題のことを指します。
原因の根本にあるのは、人口構造の変化です。2015年の日本の人口構成と、国立社会保障・人口問題研究所が発表
した2030年の人口構成を見てみると実に全人口の1/3が高齢者となります。
それに伴って介護費や医療費の財源が不足すると予想されています。
人材に関しても同様で介護職員、看護職員の数が圧倒的に足りない世の中が近い将来訪れることは間違いない
状況です。

その医療と介護にかかるお金、診療報酬と介護報酬の同時改定の議論が厚生労働省でされています。

この同時改定の議論で、柱となる考え方が今、国が進めている、医療と介護の政策転換、「病院から、在宅へ」
地域包括ケアなどともいわれます。

そして、その在宅医療を進めるには医療と、介護を、もっと密接に連携させることが必要になりその取り組みが
されています。

入院する必要があっても病院のベッドに限りがるから入院すらできない。そんな世の中が訪れるかもしれません。

そんな中、医療の現場に携わっている者として出来ることを考えたときに「いつまでも自分のことは自分で出来る
身体作り」をテーマにあいの泉クリニックではリハビリを行っています。

私自身が実際に経験したことですが、今まで普通に自分の身の回りのことなどをしていた80歳の祖母が自宅で植木の
お世話をしている時に転倒してしまいました。

病院でレントゲンを撮ってもらい骨折が判明。

ギプスをしたまま一人で自宅で暮らすことも出来ないため入院することになりました。

1か月ほどの入院でしたが帰ってくると今まで出来ていた普通の生活が難しくなっていました。

骨折は完治していましたが入院中、ベッドや車いすでの生活が続いたため筋力が低下していて歩くのも地に足が
ついてないような弱弱しい感じで、歩行速度も遅くなり、今までのように生活が出来なくなり、そこから祖母の
介護生活が始まりました。

私が体験したことは世間でもよくある話だと思います。

高齢になり筋力が落ちてきて、何かに躓いて転倒。
その時に骨折してしまい、入院や車いす生活。
さらに筋力が弱くなり要介護。
動く気力もなくなり、リハビリ意欲もなく寝たきりになってしまう。。。

健康な今のうちに骨々貯筋しておくことで寝たきりになるリスクが軽減されます!

「骨々貯筋」

ひとつは筋力の問題
日ごろから歩く時間をとったり、スポーツジムに行ったり、意識的に体力の衰えをカバーする事に取り組んで筋力
を維持、もしくは強化することでリスクを減らすことが出来ます。

もう一つは骨の強度の問題
高齢になると骨がもろくなりやすく、少しの衝撃で骨折してしまいます。
骨粗しょう症傾向にある方は出来る限り若い間から何か対策をしておく必要があります。
自分で出来ることでは運動などで骨に刺激を与える、カルシウムを摂取する、日光にあたるなど他にも様々な対策
があります。
病院でも骨粗しょう症の進行を遅らせるお薬を処方してくれたりもします。

あいの泉クリニックでは骨粗しょう症の方には薬の処方以外に、筋力トレーニング以外にも骨に負荷をかける
リハビリを提案しています。
効果を実感されるまでに少し時間はかかりますが、放っておいてもよくはならないので意欲的に取り組まれる方が
多いのが現状です。
骨は刺激を与えることで新陳代謝が活発になり新しい骨が形成されていきます。
そこを狙ったリハビリです。

他にも温熱療法や手技療法で痛みのある箇所にアプローチすることもしています。
マッサージが気持ちよいはと言われることもありますが。。。あくまでも必要な治療です。

今後予測される超高齢化社会に向けて今から備えられることをしっかりして健康寿命を延ばすことこそが結果的に
医療費の削減につながるのではないかと考えリハビリに取り組んでいます。

追記です。
当クリニックでは鍼灸師が東洋医学的にアプローチすることにも積極的に取り組んでいます。
漢方との併用とうまく組み合わせるとこれまでにも体感したことのない身体の機能がよみがえるかもしれませんね。

インスタ・フェイスブックも覗いてみてくださいね(*^^*)

泉大津 虫取にある あいの泉クリニックでは無料送迎、筋肉強化のリハビリでいつまでも元気に動き続けることが
できるサポートが可能です。
内科的なトラブルやリハビリ、院内処方なのでお薬もその場で貰えるので手間がいらず、ドアTOドアなあいの
あふれる医療はあいの泉クリニック
エキテン
インスタ
フェイスブック
〒595-0037 大阪府泉大津市虫取町1-6-38
内科 消化器内科 老年内科 リハビリテーション科
無料送迎や訪問看護や介護に関するご相談はお気軽に!
内科
消化器内科
老年内科
リハビリテーション科
骨粗鬆症・糖尿病・高血圧などの生活習慣病
セカンドオピニオン・他院紹介、連携しています(^^)/
ご相談してくださいね!
連絡先 TEL:0725-20-0688

エキテンhttps://www.ekiten.jp/shop_17207703/
インスタhttps://www.instagram.com/ainoizumiotsu
FB https://www.facebook.com/i.izumi.clinic/




泉大津病院通信 注目記事

泉大津病院通信消化器内科

クリニックより

よくあるお問い合わせ②

こんにちは(*^^*)      無料送迎に……

8月お盆期間も通常通り開院しています/泉大津内科/あいの泉クリニック

クリニックより

8月お盆期間も通常通り開院しています(*^

当院は、 お盆はカレンダー通りとなっております。 カレンダーがお……

熱中症の初期症状/泉大津内科/あいの泉クリニック

クリニックより

熱中症の初期症状

1.めまいやふらつき 熱中症の初期症状のほとんどで見られる症状。……

ご家庭でも出来る熱中症対策(^_-)/泉大津内科/あいの泉クリニック

クリニックより

ご家庭でも出来る熱中症対策(^_-)-☆

  看護師になって10年、こんなに熱中症が身近にあっ……



内科医師の解説 人気記事

病気・症状医師の解説(内科) 1

泉大津内科医

インフルエンザに関する注意!

風邪だと思っていたら、インフルエンザだったというご経験はありませ……

病気・症状医師の解説(老年内科) 2

泉大津内科医

こんな糖尿病の初期症状は出ていませんか?

糖尿病の症状ははじめのうちは痛みなどの自覚症状がないために検査で……

病気・症状医師の解説(消化器内科) 3

泉大津内科医

腹痛で疑われる病とは?

 お腹が痛い時に疑われる病気は下痢や便秘以外にも、腸炎、盲腸、胃……

今話題のニンニク注射について医師が解/泉大津内科/あいの泉クリニック 4

泉大津内科医

今話題のニンニク注射について医師が解説

人気の理由 にんにく注射が近年注目をあつめている理由は、その即効……

早めな対処が動き始めにおこる膝関節の/泉大津内科/あいの泉クリニック 5

泉大津内科医

早めな対処が動き始めにおこる膝関節の痛み

動き始めの関節の痛みは起動痛とよばれており変形性関節症の症状とし……

気になる2018年花粉症/泉大津内科/あいの泉クリニック 6

泉大津内科医

気になる2018年花粉症

気になる2018年のシーズンの花粉飛散予報は? 2018年シーズ……

病気・症状医師の解説(老年内科) 7

泉大津内科医

風邪(咳、発熱、鼻水)

 個人差はありますが、風邪のひきはじめには、くしゃみや鼻水、鼻づ……

骨密度の低下による未来/泉大津内科/あいの泉クリニック 8

泉大津内科医

骨密度の低下による未来

70歳以上の女性の2人に1人はいると言われる骨粗鬆症。 女性の更……

病気・症状医師の解説(リハビリテーション科) 9

泉大津内科医

リハビリは特効薬ではなく根本改善

私たち人間の体は年齢とともに全てが退化の一途を辿ると考えられがち……

歩けなくなるほどの痛みの生じる痛風/泉大津内科/あいの泉クリニック 10

泉大津内科医

歩けなくなるほどの痛みの生じる痛風

痛風なんて言葉を検索するとなんと「公益財団法人 痛風財団」となる……



泉大津病院通信 新着記事

にんにく注射 おすすめです!/泉大津内科/あいの泉クリニック

クリニックより

にんにく注射 おすすめです!

  9月になると暑さも一段落ですね 今年は梅雨が長かっ……

夏に増える痛風/泉大津内科/あいの泉クリニック

クリニックより

夏に増える痛風

~お知らせ~ あいの泉クリニックではお盆も通常通り診察しておりま……

夏はすぐそこ! ~熱中症について~/泉大津内科/あいの泉クリニック

クリニックより

夏はすぐそこ! ~熱中症について~

長雨がつづきます 梅雨がなかなかあけません でも梅雨が終われば一……

肥満について/泉大津内科/あいの泉クリニック

クリニックより

肥満について

先日アメリカの研究機関で、寝室のテレビや照明をつけたまま寝る女性……





Schedule
大阪府泉大津市にある内科・病院|診療時間
Schedule
大阪府泉大津市にある内科・病院|診療時間
Address

〒595-0037
大阪府泉大津市虫取町
1-6-38
※ 虫取郵便局前

・泉大津駅(860m)
・忠岡駅(1.28km)
・松ノ浜駅 (1.57km)
※ 駐車場10台分有

Address

〒595-0037
大阪府泉大津市虫取町
1-6-38
 ・泉大津駅(860m)
 ・忠岡駅(1.28km)
 ・松ノ浜駅 (1.57km)
 ※ 虫取郵便局前
 ※ 駐車場10台分有

関連サイト

いずみ訪問看護ステーション
いずみ訪問看護ステーション|泉大津市・岸和田市・忠岡・貝塚市・和泉市
訪問看護
いずみ訪問看護ステーション|泉大津市・岸和田市・忠岡・貝塚市・和泉市

いずみ訪問介護ステーション
いずみ訪問介護ステーション|泉大津市・岸和田市・忠岡・貝塚市・和泉市
訪問介護
いずみ訪問介護ステーション|泉大津市・岸和田市・忠岡・貝塚市・和泉市

求人情報

あいの泉クリニック求人情報
あいの泉クリニック求人情報|泉大津市・岸和田市・忠岡・貝塚市・和泉市
採用募集
あいの泉クリニック求人情報|泉大津市・岸和田市・忠岡・貝塚市・和泉市
MENU

泉大津内科医師が病気・症状を解説|放っていては絶対に良くはならない/骨粗しょう症・骨折・骨々貯筋のお話 | 泉大津内科/あいの泉クリニック
泉大津の病院通信|放っていては絶対に良くはならない/骨粗しょう症・骨折・骨々貯筋のお話 | 泉大津内科/あいの泉クリニック
インフルエンザ予防接種/泉大津内科/あいの泉クリニック 1

症状への対処方法

インフルエンザ予防接種

インフルエンザの症状・予防法  風邪だと思っていたら、インフルエン……

風邪(咳、発熱、鼻水)/泉大津内科/あいの泉クリニック 2

症状への対処方法

風邪(咳、発熱、鼻水)

風邪の症状・予防法  個人差はありますが、風邪のひきはじめには、く……

腹痛で疑われる病とは?/泉大津内科/あいの泉クリニック 3

症状への対処方法

腹痛で疑われる病とは?

腹痛から疑われる病気  お腹が痛い時に疑われる病気は下痢や便秘以外……

生活習慣病~糖尿病について~/泉大津内科/あいの泉クリニック 4

症状への対処方法

生活習慣病~糖尿病について~

  糖尿病について その昔、糖尿病の人の尿は蟻がよってくる……


TOP